カブトムシの飼育

カブトムシの飼育の一例です。

成虫

飼育容器を選ぶ

飼育する目的・生体数・生体サイズにあった飼育容器を使う。

観賞用ならプラケースの大に2〜3ペア、

繁殖用ならプラケケースの大に1ペア。

大事に飼うならプラケースの小で個別飼育という具合にスペースを広くすると良い。

当店カブト保管用飼育ケース(市販収納ケースで加工)

飼育マット

市販のマットでいいのですが、

幼虫飼育に適さないマットが安値で売られている事もあるので、

購入時に説明をよく読んでください。

最近では、カブト専用のビートルマットが流通していますので、

そちらを使うのもいいでしょう。

また、クワガタの幼虫飼育をされている方は、使用後のマットでもOKです。

セット

マットの水分は、購入時に既に含まれている物がほとんどなのでそのまま使います。また、乾燥マットの場合は,加水して花壇などの土位の湿り気を持たせます。

 

選択した容器に飼育マットを、

観賞用ならば5センチ位、繁殖用なら15センチ位の深さになるように入れます。

餌台・とまり木を入れ、転倒死防止に足場として

小枝・樹皮・広葉樹の葉などを入れると良い。

また、餌台や足場の代わりにこんな方法も

(ホームセンターや100円ショップで購入して)

見た目も綺麗で,管理しやすい!

餌台

 

足場

テキスト ボックス: 注意:足場をしっかりセットしすぎるとケンカした時に、大きく傷付いてしまう原因になりますのでマットに潜れるようなセットで適度に!   

昆虫ゼリーをお勧めします。

液体状の餌はマットを汚しやすいので管理の楽なゼリータイプが良いです。

また、時々バナナを与えると長生きします。

飼育管理

餌は,朝晩1回、日に2回位を目安に与え、餌をきらさないようにし、

直射日光を避けて風通しのいい涼しい場所で飼育。

マットの表面が乾くようなら霧吹きで、餌に掛からないように水分を与えます。

マットが腐敗臭・餌や排泄物でベトベト・ドロドロになったら、

新しいマットに交換する。

幼虫

成虫飼育中にメスがマットに潜り、ケースの底をガリガリと音をたてはじめると、

産卵をしています。

数日するとマットの底の部分に白い卵が確認できると思います。

産卵を確認したら

オスを別の飼育ケースに移します。メスはそのまま飼育します。

メスが死んだら

餌・餌台・とまり木・小枝などケース内の物を取り出し、

マットが乾かないように管理します。

3週間位すると

ケース内の幼虫が確認できると思います。新しいマットをケースの八文目位まで足し、

同じように管理します。

3ヶ月経つと

この頃になると、幼虫もだいぶ大きくなっています。

ケースをひっくり返して、幼虫の数を調べます。

プラケース大に幼虫5〜6頭を目安に必要分のケースを用意します。

 

幼虫を別けたら

用意したそれぞれのケースに、

元のマットが最低でもケース全体の4分の1ほど入るようにいれ、

その上に新しいマットを入れてケースの八文目位になるようにします。

それぞれのケースに別けた幼虫を入れて管理します。

一つのケースの中に幼虫を入れすぎると、大きな成虫になりません。

1頭の幼虫が成虫になるまでのマットを食べる量は、

外国産カブトなどの大型で50リットル位と言われ、

外国産カブトのオスは,1頭ずつ個別飼育をします。

飼育管理

マットは、フンが目立つようになったらマット上部半分位を、

ふるいでフンを取除いて戻し

幼虫を別けた時と同じようにセットしマットが乾かないように管理します。

国産カブト

12月頃に1回と、4月ごろの1回位で大丈夫

外国産カブト

飼育期間が1年〜それ以上かかるためマットの状態を観て行い、

個別飼育では2〜3ヶ月ごとに行うようになる。

幼虫の色が黄色くなったら

蛹化が近いのでマット交換をやめて、そのまま管理します。

1ヶ月位の間に蛹室(蛹になる為の部屋)を作り始めます。

蛹室を作り始めたら

ケースを移動したり傾けたりしないようにして、

むやみにケースに刺激を与えないようにします。

この時期から羽化までとてもデリケートです。

ケースにコツンとあてただけで死んでしまうこともあります。

蛹化したら

羽化まで1ヶ月位なので上記のことを注意し、そのまま管理します。

羽化したら

上羽の色が付いて固まり自力で蛹室から出てくるのを待ちます。

(羽化から1〜2週間)

 

羽の色が付いてから早期に取り出した場合、

羽がまだ柔らかく体重も通常に比べ重い状態だと

弱い成虫になってしまう事があります。

この場合は、白く臭い排泄物が出なくなるまで個別に深いマットで管理し、

白い排泄物が出なくなってから餌を与え通常の飼育に切り替えます。

 

トップに戻る

 

inserted by FC2 system